1. ホーム
  2. 建設組合とは?

建設組合とは? 建設組合とは?

わたしたち建設組合は、建設業法に定められている国土交通大臣届出団体である『日本建設組合連合』及び建設組合の業務円滑化を推進する運営管理団体である『全国建設組合連合運営協議会』に加盟する建設業者団体であり、建設業者の方々の社会保障や福利厚生を充実させるために役立つ各種の事業を扱っております。具体的には国民健康保険、労災保険、年金基金、奨学基金、共済などのお仕事や生活と密接に関係した事業を取り扱っております。

「建設組合」に加入するメリット

建設組合に加入することで「建設連合国民健康保険」、「一人親方労災保険」、「日本建築業国民年金基金」、「慶弔見舞金/退職金制度」、「奨学金制度」などの事業を利用することが可能となります。

「建設組合」に加入されている方は?

建設業に従事されている個人事業主や一人親方、従業員、建設職人などのあらゆる職種や立場の方々が必要に応じて加入されています。

「建設組合」への加入資格は?

1.建設組合が所在する都道府県下にお住まいもしくは事業所を営んでいること 2.建設業法に規定される建設29業種または建設関連業種(設計業/測量業/地質調査業)に
従事されていること
3.所定の建設組合組合費(月額3,000円)を期日までに納めていただくこと 4.所定の誓約事項に違約されないこと 以上の条件を全て満たされている方であれば、建設組合に加入していただくことが可能です。

「建設組合」へ加入した後は?

ご加入された方の必要に応じて各種の事業や制度を自由にご利用いただくことができます。ただし、ご利用の際には各事業や制度の利用資格を満たす必要があります。また、各種の事業や制度は建設組合組合員に認められた権利であるため、建設組合組合費の未納などにより組合員資格を喪失した場合は、継続してご利用いただくことはできません。